日本サッカー協会は4日、国際親善試合のパナマ戦(12日・デンカビッグスワンスタジアム)とウルグアイ戦(16日・埼玉スタジアム)に臨む日本代表23人を発表し、長友(ガラタサライ)や大迫(ブレーメン)、吉田(サウサンプトン)らワールドカップ(W杯)ロシア大会の主力6人が森保監督就任後、初めて名を連ねた。

 同監督は快勝した9月のコスタリカとの初陣で活躍した中島(ポルティモネンセ)や堂安(フローニンゲン)ら若手とベテランの融合を狙い「どんな化学反応が起こるか」と話した。パナマとウルグアイはW杯ロシア大会にも出場した強豪で、来年1月開幕のアジア・カップに向け貴重な試合となる。 <記事全文を読む>