日本シリーズ第2戦で広島東洋カープがソフトバンクに5―1で勝利した28日、マツダスタジアム(広島市南区)はひときわ大きな興奮に包まれた。ライトスタンドには全国から16団体の私設応援団が集結。「絶対勝つぞ、カープ」と34年ぶりの悲願達成へ向け、試合を盛り上げた。

 全国の華やかな応援旗が、ファンの頭上を泳ぐ。レギュラーシーズンの3倍となる約90人の団員が交代で選手別の応援歌をラッパで吹いたり、選手の名前が入った旗を空に振ったりして声援を送った。

 「真っ赤なスタンドがもっと燃えれば選手の力になる」と、近畿カープ応援団の奈良県王寺町の会社員安部享さん(50)。「日本...    
<記事全文を読む>