プロ野球の育成ドラフト会議で25日、旭大高の沼田翔平投手(18)が巨人から3位指名を受けた。プロへの夢に一歩近づいた沼田投手は、野球部の仲間らから祝福を受け、「支えてくれた人にありがとうと伝えたい」と喜びをかみしめた。

 沼田投手は同日午後7時半ごろに練習を終え、部室で吉報を待った。青木亮樹元主将のスマートフォンで指名を知ると、部室は歓声に包まれた。仲間に胴上げされた沼田投手の目には、うれし涙が光った。

 沼田投手は最速146キロの右腕でチームを9年ぶり8度目の甲子園出場に導いた。「1軍に上がるために支配下登録を目指す。150キロ以上を出し、球種の幅...    
<記事全文を読む>