4球団が1位指名で競合し、中日が交渉権を得た大阪桐蔭高の根尾昂(あきら)内野手が26日、大阪府大東市の同校で与田剛監督らから指名あいさつを受け「ドラゴンズを優勝させられるように、自分の力でチームを底上げするのが一番の自分の使命だと思っている。力をつけ、勝利に貢献できるようにしたい」と意欲を口にした。

 直立不動で出迎えた根尾は、初対面の与田監督に「いい顔してるね」と声を掛けられ、がっちりと握手。約30分の会談の冒頭ではドラフト会議の入場証に加え、監督のサインと「一緒に戦いましょう!!」とのメッセージが入った「交渉権確定」の当たりくじを手渡され「貴重なものをいただい...    
<記事全文を読む>