プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は10月25日、東京都内のホテルで開かれ、昨秋の明治神宮大会で優勝した高知県の明徳義塾高校・市川悠太投手(17)がヤクルトに3位指名された。
 
 明徳・市川投手は高知市出身で、最速149キロの右腕。身長185センチ、体重77キロで潮江中学校から明徳高校に進んだ。2年生の春、夏、3年生の春の3季連続で甲子園に出場。神宮大会ではエースとして36年ぶりの優勝にも貢献した。

...    
<記事全文を読む>