プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は25日、東京都内のホテルで行われ、俊足、強肩の遊撃手、報徳高の小園海斗内野手はオリックス、DeNA、ソフトバンク、広島が1位指名し、広島が交渉権を引き当てた。

 名前が読み上げられるたび、会場の拍手が大きくなった。4球団から1位指名を受けた報徳高の小園内野手は交渉権が広島に決まると、笑みを浮かべ、大角健二監督と固い握手を交わした。(長江優咲)

 -大阪桐蔭・根尾と並ぶ最多4球団からの指名。

 「びっくりした。ドラフトで1位指名されることを目標にやってきたので、それが...    
<記事全文を読む>