巨人から3位指名された直江大輔投手は、「まさかこんなに早く指名されるとは思わなかった」と驚きを隠さなかった。幼いころからテレビで巨人戦を見る機会が多かったと話し、「プロ野球を代表する球団。すごく魅力的」と、入団の意思を表明した。

 直江投手は長野市出身。小学生時代は本郷育成会少年野球部、中学時代は中野シニアに在籍し、松商学園高では1年秋からベンチ入りを果たした。昨夏の甲子園は2回戦の盛岡大付(岩手)戦に2番手で登板。昨秋は北信越大会にも出場した。

 今夏の長野大会は準々決勝で岡谷南に敗れたが、U18(18歳以下)日本代表1次候補に選ばれるなど...    
<記事全文を読む>