遅咲きのエースに吉報―。八戸学院大の高橋優貴投手(21)が25日のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、巨人から1位指名を受けた。諦め切れなかった夢をかなえるため、新天地・八戸で野球漬けの日々を送り、奪った三振の数だけ夢の実現に近づいてみせた。「4年間やってきたことは間違っていなかった」。満面の笑顔で喜んだ。

...    
<記事全文を読む>