「素直にうれしい」。25日に行われたプロ野球のドラフト会議で、今夏に甲子園を目指して激戦を繰り広げた千葉県内高校球児3人が指名され、喜びをかみしめながら、厳しいプロの生活に向けて表情を引き締めた。

 両手を握りしめ、緊張しながら指名を待った習志野高、古谷拓郎投手(18)の表情が、笑顔に変わった。地元千葉ロッテから6位指名されると、同高生徒らが盛大に祝福。「指名されないんじゃないかと不安だった。みんなの笑顔を見て、ようやく実感が湧いた」と喜びに浸った。

 鎌ケ谷二中の軟式野球部出身。名門習志野高へ進むが「最初は野球を何も知らず、プロなんて雲の上。行けると思っていな...    
<記事全文を読む>