プロ野球ドラフト会議が25日、都内で行われ、青藍泰斗高の益子京右(ましこきょうすけ)捕手(17)がDeNAから5位指名を受けた。指名の後、後ろで見守っていた母に向け「12年間ずっと支えてきてくれた。『今までありがとう』と言いたい」と感謝の思いを伝えた。母と子の二人三脚でプロの世界へとたどり着いた瞬間だった。

Web写真館に別カットの写真

 益子選手の母恵子(けいこ)さん(52)は、益子選手が小学校に上がる前に離婚し、女手一つで育ててきた。益子選手が野球を始めた小学1年のころから口癖は「やるなら練習は毎日。中途半端はだめ」。プレー以上に人としての成長に重きを置き、...    
<記事全文を読む>