即戦力の期待応えたい・斎藤友貴哉(山形中央高出)
 ―今の気持ちは。

 「指名を受けるまでは不安もあり、ドキドキしていた。小さい頃からの夢だったプロ野球選手のスタート台に立つことができ、率直にうれしい。1年目から活躍し、息の長い選手になりたい」

 ―1年目の目標は。

 「社会人出身ということで即戦力として期待されていると思う。チームに勝ちを持ってくることができる投球をしたい。先発でも中継ぎでもいいので、チームとして足りないところを補えるようにどんどん投げたい」

 ―ピッチングスタイルと武器は...    
<記事全文を読む>