立命大の辰己は外れ1位ながら4球団から指名を受けた。東北楽天が交渉権を獲得すると、大きく息をつき「野球を極めてきた人たちと大好きな野球ができる。わくわくしかしていない」と笑顔を見せた。
 小学1年のころからプロ野球選手を夢見てきたという。関西学生リーグでは、リーグ最多記録にあと1本と迫る122安打を積み重ねた。「4年間、この日のためにやってきた。自分を信じてやってこられた」
 東北楽天の印象を聞かれると「2013年に日本一になった年のことはよく覚えている」と語った。今季は最下位だったが「力になれたらいいなと思う」と意気込んだ。
 兵庫・社(やしろ)高出身。...    
<記事全文を読む>