プロ野球のドラフト会議は25日、東京都内のホテルで行われ、立命大の辰己涼介外野手(社高出)は外れ1位の入札で楽天、阪神、巨人、ソフトバンクが指名し、楽天が交渉権を獲得した。

 辰己は神戸市出身。走攻守の三拍子そろった外野手として大学日本代表でも活躍した。

...    
<記事全文を読む>