プロ野球東北楽天の少年野球教室が21日、盛岡市のグラウンドであった。山崎隆広、永井怜両アカデミーコーチが指導役を務め、市内のスポーツ少年団に所属する小学生約60人に投打のこつを伝授した。
 打撃を担当した山崎コーチは「バットを振り終えた後も体がぐらぐら動かないように」と助言。投球を教えた永井コーチは「脚を高く上げて体全体の力で投げよう」と呼び掛けた。
 岩手大教育学部付属小6年の菊池紘樹君は「バットを振るときの軸足の大切さが分かった。今後に生かしたい」と話した。
 東北楽天とオフィシャルスポンサー契約を結ぶ東北医療福祉事業協同組合SGグループ(八戸市)が、...    
<記事全文を読む>