日本ハムは24日、栗山監督や吉村チーム統轄本部長兼ゼネラルマネジャー(GM)らが東京都内で、翌日のドラフト会議に向けて会議を開き、1位指名選手を決めた。選手名は公表しなかったが、大阪桐蔭高の根尾昂内野手が有力とみられる。

 1位指名選手のポジションや年代について、吉村GMは「指名戦略上言えない。(競合の可能性も)ノーコメント」と多くを語らなかった。全体の候補選手の人数についても明らかにしなかったが、道内関係選手は若干名含まれているという。

 昨年のドラフト前日と同じネクタイで会議に臨んだ栗山監督は「現場としてお願いすることも含め、思ったことを伝えた。どういう指名...    
<記事全文を読む>