日本ハムは24日、札幌市東区の屋内練習場と千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で練習を行った。札幌では、国内外の球団への移籍可能なフリーエージェント(FA)権を持つ宮西がクライマックスシリーズ敗退後、初めてランニングなどで調整。近藤や中島がフリー打撃で快音を響かせた。鎌ケ谷では、斎藤や杉浦がブルペンで投球フォームを確認した。

 宮西は屋内練習場で軽めのランニングを行った後、練習場に隣接する宿舎で筋力トレーニングに汗を流した。今後は10月末からの沖縄キャンプには参加せず、自主トレーニングに励む予定。FA権を行使するか否かについては、「この週末にも球団と話し合う。いろんな選択肢がある中で、...    
<記事全文を読む>