東北楽天は23日、東京都内でスカウト会議を行い、25日のドラフト会議での1位指名候補選手を3人に絞った。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「投手ではなく、野手でいきたい」と話し、候補の中に大阪桐蔭高の根尾昂内野手が含まれていることを明らかにした。
 最終決定はドラフト会議の当日になる見込み。1位以外についても「(東北楽天は)過去の例を見ても投手中心にいっている。投手はある程度、この人と期待をかけられる人がチーム内にいるので」と野手を中心に指名する方針を示した。

...    
<記事全文を読む>