ソフトバンクとの日本シリーズに臨む広島は、「第2先発」への比重が高まりそうだ。相手打線はクライマックスシリーズ(CS)計8試合で59得点と好調。先発がつかまりそうになった場合、「相手の勢いを止める役割が大事になる」と畝投手コーチ。先発投手の見極めと継投のタイミングが重要となる。(友岡真彦)

...    
<記事全文を読む>