プロ野球ドラフト会議が25日に開かれる。県内の高校、大学からは4選手が「プロ志望届」を提出し、吉報を待つ。(小坂亮太)

角度ある直球武器 星稜大・泉圭輔投手

 一番の注目は金沢星稜大の泉圭輔投手(21)。北陸大学野球連盟一部リーグで通算二十三勝を挙げ、プロ十二球団全てから調査書が届いた。一八七センチの長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。最速147キロで、変化球もツーシーム、スライダー、カーブを操る。指名されれば、星稜大からは初となる。

 金沢生まれ、金沢育ち。金沢西高では一年秋からエースだったが、県大会は三...    
<記事全文を読む>