◆パ・リーグCSファイナルステージ:第4戦 西武2-8ソフトバンク(20日・メットライフドーム)

 リーグ覇者の獅子が追い込まれた。投壊に歯止めがかからず、CS同一ステージワーストの計38失点。レギュラーシーズンは打たれてもそれ以上に打って勝ってきたが“獅子脅し打線”も中心打者の不振で大爆発とはいかない。しかも初回の守りで森友哉捕手(23)が左手首を痛めて退場し、第5戦の先発は厳しい状況。苦難を乗り越え、最終戦に望みをつなぐ。

■四球7個も

 王者が窮地に立たされた。投壊に歯止めが利かず、CS同一ステージワーストとなった失点は...    
<記事全文を読む>