高岡市を拠点にしているプロ野球独立リーグ・BCリーグの富山GRNサンダーバーズの永森茂社長と伊藤智仁監督が十六日、同市役所を訪れ、高橋正樹市長に今シーズンの結果を報告した。

 永森社長が、後期優勝と地区チャンピオンシップ敗戦を報告。伊藤監督は「後期優勝できたが、地区チャンピオンシップで一勝できず残念。後期は、榎本葵選手ら新戦力の加入で得点力が上がり、投打の歯車がかみ合った。初めての監督だったがやりたいことはできた」と振り返った。楽天一軍投手コーチに有力と報じられたことについて「ドラフトの後に考えたい」とだけ答えた。

 永森社長は「選手にドラフトの調査票も来ている...    
<記事全文を読む>