今季最後の敗戦投手になってしまった。帯広出身右腕・杉浦が先発し、四回途中2失点。一回一死から明石に先制弾を浴び、四回には先頭のデスパイネに被弾。ソロ本塁打2本に沈んだ。「打たれたのはどれも甘いところ。短期決戦は一発が流れを変えると思って気をつけていたのですが」と肩を落とした。

 移籍2年目の今季は右肩痛から復活し、7月に1軍昇格。加入後初白星を含む2勝をマークした。シーズン当初から目標としていた“閉幕1軍”も達成。しかし、当然ここで満足するわけにはいかない。「優勝を目指していたので悔しい。この気持ちを忘れずにやり直したい」と来季のリベンジを誓った。<...    
<記事全文を読む>