西武の中村剛也内野手(35)が、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに向けた調整合宿を“一発締め”で終えた。6泊7日の合宿最終日の13日、みやざきフェニックス・リーグ、韓国・ハンファ戦(南郷)の3回に豪快な3ラン。和田一浩(西武、中日)ウッズ(中日)と並ぶプレーオフ、CSで歴代最多の通算8本塁打を放つスラッガーが、得意の短期決戦に万全の状態で臨む。

 5番三塁で先発。2-2の3回1死一、三塁、右投手の初球の真っすぐを捉え、左中間芝生席に突き刺した。「いい準備ができたと思う」。チームは宮崎で5試合を行い、中村は休養を挟みながら2試合に出場。...    
<記事全文を読む>