日本ハムは9日、札幌ドームで全体練習を行った。ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ初戦(13日、ヤフオクドーム)に先発することが濃厚な上沢直之投手(24)は、投内連係に参加するなど、精力的に汗を流した。初の“CS開幕マウンド”へ向け調整は順調。過去の経験を糧にエースの役目を果たすつもりだ。

 若き日の経験を胸に、大役を全うする。CS開幕に照準を合わせる上沢は、8勝を挙げた2014年にポストシーズンで登板。チームは15年2位、16年はリーグ優勝とAクラスの常連だが、自身は不振やけがで出番がなかった。

 その14年...    
<記事全文を読む>