5日、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星がプロ野球志望届を提出することが分かった。ドラフト会議で複数球団が1位指名で競合するとみられる右腕に対し、各球団の関係者から高く評価する声が聞かれた。(27面に関連記事)
 東北楽天の石井一久ゼネラルマネジャーは「評価は変わらない。1巡目で消えるような素晴らしい選手。(指名については)スカウトとしっかり議論し、選手の位置付けや球団の方針を加味して決めたい」と話した。
 阪神の谷本修球団本部長は「楽しみ。金本監督も気に入っていたのでね。変化球を磨けば、もっといい投手になるのでは」と語った。巨人の岡崎...    
<記事全文を読む>