バレーボール強豪のセルビア女子代表チームが24日、防府市内の中学生を対象にバレーボール教室を開いた。今月末に日本で開幕する世界選手権に向けた事前合宿の取り組み。練習会場の市体育館・ソルトアリーナ防府で元代表選手のスタッフらが指導した。

セルビア女子代表は世界ランキング3位で、2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得。防府市が20年の東京五輪でセルビアのホストタウンに登録された縁で、初めて事前合宿を行っている。

この日、選手14人は休養で、代わりに助監督や代表経験のあるトレーナーら計6人が講師を務め、市内9校の女子バレー部に所属する約100...    
<記事全文を読む>