バドミントンの韓国オープンは29日、ソウルで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスの米元小春、田中志穂組(北都銀行)は高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に0―2で敗れ、決勝進出はならなかった。

 女子シングルスは奥原希望(日本ユニシス)が山口茜(再春館製薬所)に2―1で逆転勝ちし、決勝に進出した。

...    
<記事全文を読む>