アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは29日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで日本製紙クレインズと対戦し、4―5で惜敗した。

 フリーブレイズは、第1ピリオドで相手に先制を許すと、常に追い掛ける苦しい展開。1―1の同点で迎えた第2ピリオドでは追加点を奪われた後、再び同点に追い付いたが、その後、立て続けに失点。第3ピリオドには、ニック・セイントピアが決めて1点差に詰め寄ったが、一歩及ばなかった。

 若林クリス監督はチームを通じ「自分たちのミスから失点を重ねてしまった。終盤、意地は見せたが、勝ちにつなげることができなかった。次戦はもう少し我慢強く戦っ...    
<記事全文を読む>