【福井県で本社取材班】第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は29日、福井市で総合開会式があり、本格的にスタートする。10月9日まで37の正式競技と特別競技の高校野球などが行われ、佐賀県勢は会期前実施競技を除いた31競技に選手、監督ら約400人が出場する。

 開幕を控えた28日、福井入りした選手たちは最終調整に汗を流した。テニス少年男子の岡村宙海(致遠館高3年)は「初めての国体。初戦を突破して第1シードの千葉と戦いたい」と意気込んだ。

 総合開会式は29日午後1時から9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催。佐賀県勢は5競技の選手、監督と本部役員計約...    
<記事全文を読む>