【バクー=森合正範】当地で行われた世界選手権は27日に全日程を終え、2020年東京五輪の新種目となる男女混合団体戦で日本が2連覇を果たした。ルールが異なる五輪への対策と準備にも抜かりはない。

 混合団体は、男子73キロ以下、90キロ以下、90キロ超、女子57キロ以下、70キロ以下、70キロ超の6人で争う。今大会、日本は団体戦要員として登録した男女各2選手が活躍し、金メダルに大きく貢献した。だが東京五輪では団体戦要員はおらず、個人戦の代表が出場するため、闘い抜く体力と精神力が求められる。

 今回は男子73キロ級2位の橋本壮市(パーク24)が負傷の影響で団体戦を見送...    
<記事全文を読む>