県諏訪建設事務所は27日、諏訪市、岡谷市、下諏訪町とともに計画した諏訪湖周サイクリングロードの造成を11月に始めると発表した。計画では湖周約16キロを11区間に分けて整備することになっており、諏訪湖南岸に当たる諏訪市豊田の約650メートルで着手する。同事務所は、来年中の完成を目指して工事を進めるとしている。

 県が整備に着手するのは新川橋―武井田川橋付近。県はこの区間を含む岡谷市の釜口水門と諏訪市ヨットハーバーの間の約7キロの整備を担当する。他の3市町も今後整備に着手する予定で、全体の完成目標は2026年度としている。

 今回の整備区間では、既存のジョギングロー...    
<記事全文を読む>