来年の茨城国体で水球会場となる土浦市。開催1年前プロジェクトとして、同市出身で水球男子日本代表の大川慶悟選手(28)による水球教室が24日、土浦市立田町の土浦二高プールで行われ、小学生から高校生まで約50人が、世界レベルの技術に触れた。国体土浦市実行委主催。

 大川選手は2年前のリオ五輪で「ポセイドンジャパン」メンバーとして活躍。8〜9月に行われたジャカルタ・アジア大会では主将として、チームを銀メダルへ導いた。

 参加したのは土浦二高、並木中等教育学校各水球部員や土浦水球クラブメンバーなど。参加者はパスやシュートの方法、ボールの奪い方などを、...    
<記事全文を読む>