射水市に練習拠点を置く実業団女子ハンドボールチーム「アランマーレ」は二十二日、同市小杉総合体育センターで日本リーグ初戦を迎え、昨年優勝の北国銀行(金沢市)に13-21で敗れた。大森聡監督は「簡単なミスはしない意識が表れた」と、敗れたものの今季への手応えを語った。

 前半、ゴールキーパー安田絢恵主将のロングシュートや横嶋遥選手の連続シュートなどで7-6とリード。安田主将の好守備も光った。後半は、相手にサイドからシュートを重ねられて突き放された。

 大森監督は「昨年はパスやキャッチのミスでシュートまでたどり着けないことが多かった。今回のようなゲームにするのはマストで...    
<記事全文を読む>