日本スポーツ協会は9月20日、第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」の主な出場予定選手を発表した。ジャカルタ・アジア大会やリオデジャネイロ五輪など国際舞台で活躍したアスリートも名を連ねた。

 すでに公表されている陸上では成年男子100メートルでジャカルタ・アジア大会3位の山県亮太(広島・セイコー)や多田修平(大阪・関学大)のほか、同大会200メートル覇者の小池祐貴(北海道・ANA)や福島千里(北海道・セイコーAC)、市川華菜(愛知・ミズノ)らがエントリーした。

 バドミントンは成年女子で世界選手権シングルス3位の山口茜(福井県勝山高出身、再春館製薬...    
<記事全文を読む>