県体協(会長・達増知事)は19日、第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」(29日開幕)の本県選手団を発表した。2年ぶりに37正式競技フルエントリーを果たし、ポスト岩手国体2年目の選手数は467人(会期前競技を含む)。前年(475人)並みの規模を維持して冬季大会を含めた男女総合成績(天皇杯)20位台を目指す。

 本県選手団は達増会長を団長に本部役員25人、監督70人、選手467人の総勢555人(監督7人は選手兼任)。2016年岩手国体の933人から大幅に減り、前回の愛媛国体より14人少ない。正式競技はフル出場するものの、特別競技の高校野球が硬式、軟式とも出場しな...    
<記事全文を読む>