第43回日本ハンドボールリーグが22日、小城市の芦刈文化体育館などで開幕する。トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、昨季リーグ得点王で韓国代表のエース、キム・ドンチョルを中心に上位4チームが争うプレーオフ進出を目指す。

 チームは昨季5勝5分け14敗(勝ち点15)で9チーム中7位。CB金と同じ韓国代表のLB朴永吉(パク・ヨンギル)も補強して上位進出を目指したが、1勝に終わった前半戦の出遅れが響き、2017~18年シーズンから一つ順位を上げるにとどまった。

 チームは今季、2005年からトヨタ紡織九州のコーチを10年間務め、女子の広島メイプルレッズを3年連続...    
<記事全文を読む>