西脇工高陸上部前監督の渡辺公二氏(80)が、日体大陸上部の駅伝ブロックを指揮することが19日、分かった。同部では部員に対する暴力やパワーハラスメント行為があったとして駅伝ブロックの渡辺正昭前監督(55)が11日付で解任されており、渡辺公二氏は「部員が競技に打ち込める環境をつくりたい」としている。任期は10月1日から来年3月末までの予定。

 渡辺公二氏は日体大出身で、監督として全国高校駅伝男子で西脇工高を8度の優勝に導いた。日体大では2012年から2年間、特別強化委員長を務めた。

 日体大は東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に70年連続出場中で、計10度の優勝を誇...    
<記事全文を読む>