プロバスケットボールのBリーグは24日、都内で3季目となる2018-19シーズンの「ティップオフ・カンファレンス」を開き、遠征中の琉球を除くB1所属の17チームの選手が意気込みを語った。ブレックスからは田臥勇太(たぶせゆうた)主将が出席。「挑戦者の気持ちをもって、開幕戦からチーム一丸となって戦う」と王座奪還を誓った。

...    
<記事全文を読む>