バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズの選手とスタッフが21日、熊本市役所を訪れ、29日に開幕する2018~19年シーズンの活躍を大西一史市長に誓った。

 ヴォルターズは昨季、西地区2位。プレーオフでは3位となり、1部(B1)昇格を掛けた富山グラウジーズとの入れ替え戦で85-88と惜敗した。ホーム開幕戦となる29、30日には熊本市の県立総合体育館で島根スサノオマジックと対戦する。

 昨季の悔しさから走力とシュート力を磨いてきた。9月上旬にあったトーナメント方式の西日本アーリーカップでは優勝し、勢いに乗る。今季から主将が小林慎太郎選手と古野拓巳...    
<記事全文を読む>