<運動量豊富 速さも備え>
 豊富な運動量と切り替えの速さを生かし、攻守のあらゆる場面に顔を出す。今月上旬に練習生から昇格すると、アーリー杯では2試合続けて先発出場。周囲の評価が高まる中でも、「もっとうまくなりたい」と向上心は尽きない。
 多彩な引き出しは、高校時代の経験からだ。千葉・柏高3年時にU―18(18歳以下)日本代表入り。米NBAのグリズリーズと契約した渡辺雄太らとプレーし、トップ選手の身体能力の高さを目の当たりにした。「シュート一辺倒では勝てない」。パスやドリブルに練習時間を割くようになり、総合力を高めた。
 青学大を経て、実業団の新生紙パルプ商...    
<記事全文を読む>