サッカー天皇杯全日本選手権は26日、4回戦2試合を行った。J1札幌は静岡県磐田市のヤマハスタジアムでJ1磐田と対戦して2―4で敗れ、4強入りした2006年以来の8強入りを逃した。

 札幌は前半9分、磐田に先制されたが、同11分に金眠泰のハーフウエーラインからのロングパスを受けた早坂が決めて同点とした。後半14分に勝ち越し点を許した後は、同24分に小野がペナルティーエリア手前から浮き球のパスを送り、兵藤が頭で決めて再び同点とした。

 しかし、同27分にオウンゴールで再び勝ち越しされ、同31分に磐田の荒木にミドルシュートを決められ突き放された。

...    
<記事全文を読む>