Jリーグは25日、都内で理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸に2019年度のJ3クラブライセンスを交付することを決定した。現在年間順位2位のヴァンラーレは今後、残りのJ3昇格条件である「年間順位4位以内」「ホーム戦の平均入場者数2千人以上」などの条件クリアを目指し、残り6試合を戦う。

...    
<記事全文を読む>