Jリーグは25日の理事会で、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸など3チームにJ3ライセンスを交付することを決定した。これを受け、ヴァンラーレの細越健太郎代表は同日、八戸市のダイハツスタジアムで会見し、「昇格への課題を一つクリアした。今後試合で結果を残し、皆さんの期待に応えたい」と、残り6試合に懸ける決意を語った。

...    
<記事全文を読む>