延長十回2死一、二塁、東北楽天の田中が右前へサヨナラ打を放つと、球場は大歓声に包まれた。「一塁ベースを回った後、どうすればいいか分からなかった。めちゃうれしいです」。人生初の殊勲の一打の喜びをかみしめた。
 冷静さのたまものだった。前打者の代打今江がコールされた後、「相手ベンチがそわそわしていた。実力差では自分との勝負になるはず」と敵陣を観察し、気持ちを入れ直した。
 読み通り今江は申告敬遠。打席での1球目は豪快に空振りしたものの変化球に狙いを定め、4球目の真ん中のカーブを仕留めた。平石監督代行は「追い込まれながらも失投を見逃さずよく打った」とたたえた。
...    
<記事全文を読む>