◆西武7-5ソフトバンク(27日・メットライフドーム)

 高ぶる感情を抑えきれなかった。1点を追う8回2死一、二塁。秋山は嘉弥真のスライダーを捉え、打球がバックスクリーンに吸い込まれると、誇らしげに右手を突き上げた。「みんながあんなにベンチで出迎えてくれて…。このチームで戦っている充実感があった」。逆転の23号3ランでチームを11連勝に導く大仕事をやってのけた。

 試合前、今季限りでの引退を決断した松井が会見した。西武で日本一を経験していない松井に“花道”を-。全員が明確な目標を共有した。松井が引退を仲間に伝えた25日の楽天...    
<記事全文を読む>