東北楽天は25日、東京都内で三木谷浩史オーナーらが出席して球団取締役会を開いた。終了後、石井一久ゼネラルマネジャー(GM)が取材に応じ、次期監督について「議題には上がらなかった。オーナーからは僕に任せてくれるという話はもらっているので、しっかり考えたい」と話した。
 自身が描く監督像としては「自分としっかりコミュニケーションを取ってくれる人」とし、「平石(洋介)監督代行をはじめ、どういう人がチームにマッチするかを考えている」と語った。
 監督発表の時期については「シーズン中は現場に失礼。秋季キャンプもあるので、なるべく早く発表できるようにしたい」との意向を示した。<...    
<記事全文を読む>