野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS、全5戦)の第3戦が24日、前橋市民球場で行われ、東地区王者の群馬ダイヤモンドペガサスは西地区を制した福井に8―3で快勝し、2年ぶりのリーグ制覇へ王手をかけた。通算成績は2勝1敗。第4戦は29日午後6時から、同球場で行われる。

  ◆チャンピオンシップ第3戦(24日・群馬2勝1敗、18時2分、前橋市民、331人)

 群馬ダイヤモンドペガサス(東地区優勝)
  000 040 013―8
  011 100 000―3
 福井ミラクルエレファンツ...    
<記事全文を読む>