横浜高の同級生松坂は、豪快な三振を中日ベンチから見届けた。「目にするのはつらい部分もあった。チームがCSを争う状況で引退試合をしてもらって幸せ者だなとしみじみ思った」

 試合終了後の引退セレモニー。花束を抱えた松坂と小池2軍外野守備走塁コーチが、後藤が待つマウンドへ。3人とも涙があふれて言葉にならない。それでも別れ際、怪物はきっぱり告げたという。「2人の分までまだまだ頑張るよ」

 スタンドには横浜高時代の恩師や同級生も駆けつけ、渡辺元智前監督は「全球空振り。闘争心を見せてくれた。ゴウ(筒香)も打ってくれた。松坂も小池もいて最高の形で送り出して...    
<記事全文を読む>