◆ソフトバンク5-12西武(24日・ヤフオクドーム)

 西武は今季最多17安打と自慢の打線に活気が戻り、痛快な逆転劇で敵地ソフトバンク3連戦を勝ち越した。

 戦列復帰した先発ウルフが4回途中5失点KO。最大3点のリードを許したものの、6回に秋山が嘉弥真から逆転3ランを放つなど、相手救援陣を次々と打ち込んだ。

 辻監督は「今日は8番、9番だよ」とプロ初4安打の8番炭谷と、2安打の9番金子一を評価。「1-4になった後(4回)の2点が大きかった。下位からヒットが出ると大量点になる。久々だよ、久々!」」と、6日楽天戦以来の2桁得点にご満悦だった。

<記事全文を読む>