岸は勝つ。9回1失点無四球の好投で、東北楽天に4試合ぶりの勝利をもたらした。連敗を止めたのは今季5度目。「相手より先に失点しないように意識した。(自身の連敗阻止は)気にしていないが、勝てて良かった」と笑顔を見せた。
 「序盤は微妙だった。中盤から良くなった」。一回、先頭に安打を許し、盗塁などで1死二塁の危機を招いた。しかし、3番吉田正を二ゴロ、4番ロメロを三ゴロに仕留め、切り抜けた。この後は本来の力を発揮し、二~五回は三者凡退とした。
 嶋は「真っすぐ、カーブ、チェンジアップ全てが良い。文句をつけようのない出来」と絶賛した。中でも光ったのは直球だ。七回、T-岡田に適...    
<記事全文を読む>